にきびケア・ニキビ対策

にきびは、食生活の改善、正しい洗顔、、規則正しい生活などで、ある程度予防、改善ができます。


にきびの原因となる皮脂の分泌は、年齢や生活様式、体調、季節などによって変化するので、にきびケアは、様子を見ながら正しいライフスタイルを心がけましょう。

座ると痛い、繰り返し出来るおしりニキビを治すのには潤いが大事です。

しかし、顔と同じものでは硬くなったおしりの角質の奥まで届きません。

人に相談するのは恥ずかしい”おしりにきび”は、自分でケアして治しましょう。


お尻ニキビ対策専用ジェル

お尻ニキビ・黒ずみ対策専用ジェル【Peach Rose】は、3種類の潤い成分と8種類の有用成分が入っていて、デリケートな部分にも安心して使えるよう、無添加にもこだわりました。

ただジェルを塗るのではなく、マッサージをしながら塗る事でヒップアップ効果も期待できます。

おしりのトータルケアは、これ1つでOKです。

繰り返し出来るおしりニキビを治すはこちら ・・・ 
お尻ニキビ・黒ずみ対策専用ジェル【Peach Rose】



大人の、にきびケア

大人になっても、なかなか治ってくれない大人ニキビ。治ったと思ったら、また現れできてしまう、繰り返すにきびに悩んでいる方が多いと聞きます。

大人ニキビにアクネスラボ

特に大人ニキビは、あご周りにできることが多く男性ホルモンの増加が原因の一つ。ストレスや睡眠不足、不規則な食生活の積み重ねで起きると言われています。

にきび肌の洗顔には、洗浄や殺菌だけでなく、ホルモンとの関係性に目をむけ、イソフラボンを配合しているので、余分な皮脂を取り除き健やかは肌に導いていきます。



背中ニキビ専用ジェル

Jewel Rain(ジュエルレイン)は、背中にできたにきびや、にきび痕、シミをキレイにしてくれる、背中ニキビ専用のニキビケアジェルです。
91%のモニターが満足したと答えた、大反響を呼んでいる、背中にきびケア商品。



朝と晩、1日2回塗るだけの簡単ケア。
背中ニキビ専用ジェル 【Jewel Rain(ジュエルレイン)】が、あなたの背中にきび解決策となればと思います。

続きはこちらから ・・・・・ Jewel Rain(ジュエルレイン)】



にきびケアの為のフェイスケア

メイクするときの注意

ファンデーションなどは毛穴をふさぎやすくするため、にきびを悪化させます。
アイメイク、リップのポイントメイクをお勧めします。
おしろいを使用する場合は、にきぴコントロールパウダーを使用し、スポンジは汚れていると細菌を肌に塗りこむことになりますので、いつも清潔な物を使用しにきびケアに心がけましょう。


ニキビ用化粧品の選び方

にきびができた時には、アルコールの入ったローションと、油性のファンデーションの使用は控えましょう。

にきびにもいろいろな種類があり、赤くなったにきびは、アルコールで刺激されて痛くなったり、さらに赤くなることがあります。

また、油性のファンデーションは、毛穴をふさいでにきびを出しやすくしたり、化粧を落すときどうしてもこすることになるので、にきびの表面がただれやすくなります。

ファンデーションは、さっぱりタイプのパウダー型や、乳化型を選ぶ方が良いでしょう。



ニキビのフェイスケア

食生活の注意点とは

にきび予防は、脂質の摂取を減らすことが基本となります。

糖分の摂取も、体内で脂質に変わるため、控えるようにしましょう。

また、、チーズ、バター、クリーム、ココア、チョコレート、ナッツ類、コーヒーなどの刺激物もにきびをできやすくするので、控えるようにしましょう。

また、便秘はにきびを促進させるため、便秘予防のためにも、食物絨維を含む野菜や果物を多くとるようにしましょう。




洗顔をしっかりする

皮脂が毛穴につまるとにきびができます。
そのために洗顔で皮脂を洗い落とすのは効果的です。
しかし洗いすぎると肌が乾燥し、かえって逆効果になることもあります。

洗顔は朝と夜、皮膚分泌が多くなる午後の、計3回ほどが良いでしょう。

洗顔をしっかり泡立てる

にきびケアとして洗顔は最も重要ですので、皮膚表面の脂質を除去し、毛包内の皮脂を排泄させるため、洗顔を心がけてください。

洗顔の仕方として、ぬるま湯である程度毛穴を開いた後、石けんをしっかり泡立てて、よく洗顔して下さい。

あまり、こすりすぎるとにきびが悪化することがありますので、注意して下さい。

洗顔料はアルカリ性のものは避け、中性か弱酸性の洗顔フオームを使用して下さい。

皮膚によけいな刺激を与えない

くせで顔にさわったり、ほおづえをついたり、髪が皮膚にふれ、そのときこすりすぎたりといったような、外部から皮膚への刺激があると、毛穴がふさがりやすくなります。

思春期には女性でも、男性ホルモンの影響で皮脂を出す組織(脂腺)が、急に大きく発達するので、皮膚が脂っぽくなり、このような状態のときに、毛穴が古い角質でふさがり、にきび菌の作用によってにきびができます。

髪の毛をアップにしたり、顔をさわらないように、できるだけ刺激を加えないことが大切です。
ミルセリンホワイトNKB


化膿したら注意が必要

にきびが化膿した場合、無理に中身を出すのは厳禁です。

化膿したにきびをつぶすと、化膿の原因菌や膿を周囲にまき散らすことになり、皮膚のただれや炎症が広がり、あとが残りやすくなります。

また、皮膚のただれが長引くほど、後も残りやすくなります。

なのでにきびは、どのような形のものでも、手で触れば状態が悪くなるので注意しましょう。

もし、つぶれて汁が出た場合、消毒薬で殺菌し、傷テープなどを貼り、細菌を寄せ付けない事が大切です。


にきび予防

正しいライフスタイル

にきびを予防・改善する為の正しいライフスタイルに心がけましょう!

なるべくパランスのとれた食事を心がけましょう。
クリームやバターなど脂っこいものや、チョコレート、ココアなどは控えましよう。

規則正しい生活を、心がけてください。
睡眠不足やイライラなどの精神的ストレスは、にきぴの悪化をまねきます

毛穴がふさがり、毛包内に皮脂がたまると、にきぴ菌が増殖しやすいため、厚化粧などはさけてください。



どんな病気?

毛穴とそのまわりに炎症を起こすにきびは、思春期から20歳代の顔面・胸部・背部などに多く発症します。

毛包には、あぶらを出す皮脂腺が沢山開口していますが、思春期になり、皮脂腺が肥大し、皮脂が沢山増えることにより、毛包の部分がポツンと盛り上がります。


毛穴が閉塞しているにきびを、白にきび(閉鎖面皰 へいさめんぼう)。

毛穴が開いているにきびを、黒にきび(開放面皰 かいほうめんぼう)と、いいます。

また、にきびの病勢が進むと、毛穴の周りに炎症をおこし紅色となり、さらにうみをもった膿疱(のうほう)へと変化します。

これら全てを総称し、『にきび』と、言われています。

にきびは、顔だけではなく、胸・背中などにもできることがあります。
大人の肌荒れ撃退!今注目の濃密美容液とは?

ニキビ ケア

ニキビのでき方

にきびには、3つの過程が原因で起こります。

◎ 皮脂の分泌亢進
思春期に男性ホルモンの分泌が活発になると、皮脂を出す組織 (脂腺)が急に発達して大きくなり、肌が脂っぽくなります。

◎ にきび菌の増殖
毛包内に常在する細菌のプロピオニハクテリウムアクネ (にきび菌)が、皮脂を栄養源にして増殖します。


◎ 遊離脂肪酸の発生

にきび菌の持つ脂肪分解酵素により、遊離脂肪酸が生 じます。
遊離脂肪酸により、毛包壁が損傷され毛穴が閉鎖し、さらに毛包内に皮脂がたまることにより、にきびができます。

ニキビは、この3つの過程が複雑にからみあって発症します。



ニキビが出来る原因は、毛穴が塞がれる事です

二キビは皮脂がタップリだからできる、そんな単純なものではありません。

二キビは、皮脂の量いかんよりも、皮脂が外に出ていかず中にたまってしまうことが問題です。

毛穴の出口が塞がれると、中に皮脂がたまり、細菌(アクネ菌)が繁殖して、炎症を起こすのです。

では、なぜ毛穴の出口は塞がれてしまうのでしょうか?

じつは、毛穴を通行止めにする張本人は古い角質です。

これがなかなか剥がれ落ちずに毛穴のフタとなって出口を封鎖してしまうのです。

二キビはオイリー肌だけのものではありません。

ドライ肌やオイリードライ肌でも毛穴がつまれば二キビになる可能性は大です。